テキサスホールデムの基本ルールや流れを分かりやすく徹底解説!

あなたは、ポーカーゲームの一つである「テキサスホールデム」をご存知でしょうか?

「ポーカーは知っているけど、テキサスホールデムは知らない…」
「名前は聞いたことはあるけど、詳しくはない」
という方も多いでしょう。

今回は初心者でも簡単に分かる、テキサスホールデムの基本ルールや覚えておくとよりゲームが盛り上がるスキルなどについて紹介します!

テキサスホールデムの基本ルールとは?


テキサスホールデムは、テーブル上の「コミュニティカード」と呼ばれる5枚のカードと自分が持つ2枚のカードの合計7枚を使用して役を作り、他のプレイヤーと競うゲームのことです。

コミュニティカードとは、参加者全員が使用できる共通のカードで、テキサスホールデム最大の特徴と言えます。

一方、日本で一般的に遊ばれているドローポーカーと呼ばれるものもあります。
ドローポーカーは、1人に対して5枚のカードが配られ、そのカードを山札と交換しながらハンドを作って競い合うゲームです。

テキサスホールデムは、ドローポーカーと異なり、自身の持つカードとコミュニティーカードの計7枚をベースにプレイします。
また山札との交換がないため、戦略を考えて戦うことやプレイヤー人数を増やすことでより楽しめます。

ちなみに、カードの交換があるポーカーを「クローズドポーカー(ドローポーカー)」と呼びます。それに対して、テキサスホールデムは「フロップポーカー」と呼ばれます。

テキサスホールデムを実際にプレイする前に確認しておくこと!


それでは、実際にテキサスホールデムをプレイする流れを見ていきます。
その前に準備しておくことがありますので、まずはそちらから触れていきましょう。

プレイ前に必要なものをチェック

テキサスホールデムをプレイする前には、いわゆる「ポーカーグッズ」から先に用意しましょう。
ポーカーグッズと言われるアイテムの名称と特徴を確認してみましょう。

トランプ2枚のジョーカーを抜いた52枚のカード
ポーカーチップベット用に使うポーカー専用のチップ
ディーラーボタンアクション・選択ができるポジションを分かりやすくさせるためのボタン
ポーカーマットポジションを分かりやすくしたり、トランプを置きやすくしたりするためのマット
ポーカーテーブルポーカーをプレイするためのテーブル
※より本格的に楽しみたい方におすすめ

ポーカー専用のものを用意しても良いですし、代用品でも問題なくプレイできます。

テキサスホールデムで覚えておくと良いアクション

ゲームの流れをゲームの流れをスムーズに見ていくために、テキサスホールデムで登場するアクションの一覧を見ていきましょう。

フォールドチップを賭けずに勝負から降りること・ディーラーにカードを返すこと
コールベッティングされたのと同額のチップを賭け、勝負を続けること
※ベッティング=賭けること
チェックアクションをパスし、次のプレイヤーに順番を回すこと
ベット誰も賭けていない状態でチップを賭けること
レイズ誰かがベットしている状態でチップを賭けること
リレイズ誰かがレイズしている状態でチップを賭けること
リリレイズ誰かがリレイズしている状態でチップを賭けること

リリレイズ以降もレイズが発生したら、「リ」が追加されます。

»ポーカーの役をより詳しく知りたいからはこちらから!

【画像解説】一目で分かるポーカー役一覧・役の強さ(ハンドランク)
ポーカーには麻雀と同じように『役』というものがあります。役は、ゲームの勝敗を決めるポイントで知っておきたい基礎知識です。 この記事ではポーカーの役一覧をまとめて紹介します。記事を参考にして、役を覚えて楽しくポーカーをプレイしましょう!

テキサスホールデムの流れを解説!


テキサスホールデムの全体的なゲームの流れとしては以下の通りです。

①着席
②ポジションを決める
③カードを決める
④第1ベッティングラウンド「プリフロップ」
⑤第2ベッティングラウンド「フロップ」
⑥第3・第4ベッティングラウンド「ターン・リバー」
⑦ショーダウンから次のラウンドを始める

それでは、テキサスホールデムの実際の流れを見ていきましょう。

①まずは着席

カジノの場合、既にゲームが行われている中に参加する場合もあります。

テキサスホールデムでは、誰の隣に座ってプレイするのかも重要になる場合があります。
そのため、たかが着席と侮ってはいけません。

公平を期すために、くじ引きなどで席順を決める場合もあります。

②ポジションを決める

新たにゲームを始める場合、席順が決まったら次にディーラーボタンの位置を決めて、各ポジションを決めます。
決める順番としては、以下の通りです。

  1. 全員に1枚カードを配る
  2. 最もカードのランクが高い人を確認
  3. ランクの高いカードを持っている人の前にディーラーボタンを置く

ディーラーボタンが置かれたプレイヤーはプレイの順番が最後に回ってきます。
そのため、他のプレイヤーの動きなどを把握した上でプレイできるのでゲームを優位に運びやすいです。

③カードを配る

続いてカードを配っていきます。配り方は「時計回り」で、アクションボタンを設置されたプレイヤーが最後になるようにします。

ボタンの左隣から配っていくのですが、この位置のプレイヤーを「スモールブラインド(SB)」といい、決められた額を強制ベットする義務があります。

SBの左隣にいるプレイヤーは「ビッグブラインド(BB)」とされ、SBの基本的に倍の額をベットしておかなくてはいけません。
例えば、SBが$1だった場合にBBは$2を強制ベットします。

SBから時計回りで1枚ずつ、2周するように2枚のカードを配っていきます。

この2枚のカードを「ホールカード(固定カード)」とし、いよいよアクションへと入っていきます。ホールカードは、自分だけが確認できるカードでスターティングハンドとも言います。

④第1ベッティングラウンド「プリフロップ」

2枚のホールカードのみの状態でのラウンドをプリフロップと言います。

手元の2枚で勝負に出るのか降りるのかを判断するためのラウンドです。

BBの左隣のポジションである「アンダー・ザ・ガン(UTG)」という最も不利なポジションからスタートします。

ちなみにアンダー・ザ・ガンがなぜ不利かというと、全てのプレイヤーの中で一番始めにアクションをするからです。

スタートの段階で強制ベットがされているため、UTGの最初のアクションはフォールド・コール・レイズのみになってしまうのです。

プリフロップの基本は、既に強制ベットされている状態の中でフォールド・コール・レイズの限られたアクションをしていくラウンドということになります。

⑤第2ベッティングラウンド「フロップ」

プリフロップが終了し、第2ベッティングラウンドのフロップになります。

コミュニティカードが3枚公開され、この3枚と手持ちのカードを使って行われるラウンドです。

フロップを分かりやすく解説すると、プリフロップの段階で2枚しかなかったコミュニティカードが3枚となり、合計5枚の中から役を作れるラウンドです。

テキサスホールデムでは、ハンドが最終的に7枚になりますので、このフロップの段階である程度自分のハンドの強さが判断できます。

ベットやレイズ、チェックを繰り返し、自分以外のプレイヤーをフォールドさせることで勝利へ繋げていきます。

次のラウンドまでの流れは以下の4パターンに分かれます。少し複雑なので、しっかりと確認しましょう!

①全員がチェックするチェックアラウンド(checked around)
⇒全員次のラウンドへ

②誰かがベットorレイズして、それに対し誰かがコールする。
⇒同額をベット人のみ次のラウンドへ

③誰かがベットorレイズして、それに対してレイズ(またはリレイズ)する
⇒レイズされた額と同額をベットした人のみ

④誰かがベットorレイズして、他の人が全員フォールドする
⇒ベットorレイズした人の勝ち

⑥第3・第4ベッティングラウンド「ターン・リバー」

コミュニティカードの4枚目がオープンされ、それを受けてベッティングアクションを行うラウンドがターンです。5枚目がオープンされるラウンドをリバーと呼びます。

ターンとリバーともにラウンドの運びは、フロップなどと同様の流れです。

全てのベッティングラウンドが終わったら「ショーダウン」へ移ります。

⑦ショーダウンから次のラウンドを始める

リバー以降はカードが追加されることはないため、チェックやレイズ、コールを繰り返しポットに同額が入った時にショーダウンとなります。

ショーダウンとは、対決を意味します

リバーまで行い、プレイヤー同士が最終的にお互いのハンドを見せ合い、どのプレイヤーが一番強い役を持っているか競い、勝敗を決することです。

全てのプレイヤーでショーダウンし、一番強いハンドを持っていたプレイヤーが勝利となり、ウィナーテイクオール(一人勝ち)方式に基づいてゲームが終了します。

ここまでで1ゲームが終了し、次のラウンドへ進んでいきます。

次のラウンドに進む時には、BBが時計回りに一つ移動してゲームを始めます。

それによって、2回連続でBBをするプレイヤーが出ることを防げます。

ちなみに、ブラックジャックなどのゲームとは異なり、テキサスホールデムの場合がトランプが毎回リセットされるので覚えておきましょう。

まとめ


今回はポーカーゲームの一つ、テキサスホールデムの基本ルールについて触れていきました。

日本でなじみのあるドローポーカーとは多少異なるルールでプレイできますので、普段ポーカーをプレイしている方でも楽しむことができます。

初心者の方もぜひ今回の内容を参考に、テキサスホールデムを始めてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました