ポーカーにおけるブラフとは?スキルや効果的に使う方法を解説!

ポーカーで勝つ上で欠かせないスキルの1つである「ブラフ」

ブラフとはどんな言葉なのか皆さんはご存知でしょうか?

「聞いたことはあるけど意味はよくわからない…」
「なんとなく、嘘やはったりみたいな意味で解釈している…」

という方も多いかもしれません。

今回は、テキサスポーカーにおけるブラフの意味やスキルとしての活用法などについて紹介していきます。
ブラフをマスターして、勝率をグッと上げましょう!

テキサスポーカーについて詳しく知りたい方はこちら!

テキサスホールデムの基本ルールや流れを分かりやすく徹底解説!
テキサス発祥のポーカーゲームのひとつ「テキサスホールデム」は、日本で知られている通常のポーカーとはルールが異なります。今回はテキサスホールデムの特徴や流れ、アクションなどについて紹介。この記事を読んで、テキサスホールデムを始めましょう!

ブラフとは何か?

ブラフの意味を説明そもそもブラフとはどんな言葉なのでしょうか?
本格的な実践法を説明する前に、ここではまずブラフという言葉について解説していきましょう。

ブラフの意味と使い方

ブラフ(bluff)とは英語で、「空威張りをする」「自分を大きく見せる」といった意味を持ちます。いわゆる「はったり」といった意味で使用されます。

ポーカーにおけるブラフとは、自分の手札が弱い時にはったりをかまして、相手に自分の手札が強いと思わせることで優位に立つことをいいます。また、ポーカーではブラフと言っても相手をフォールドさせることを目指すのが基本です。

ブラフをかけることで、相手を混乱させてプレイを有利に進めることも可能なので、心理戦とも言えるポーカーにおいては必須のスキルと言って良いでしょう。

「嘘」とはどう違う?

ブラフというスキルの面白いところは、いわゆる「嘘」とは異なるという点です。
嘘という言葉は、相手を傷つけないため、喜ばせるために必要になる場合があります。

反対に、ブラフは自分をゲームの優位に立たせるために使われることがほとんどなので、あくまで「策略」として使われるのです。
また、嘘は主に言葉を使ってつくものですが、ブラフは言葉だけでなく、表情や仕草などを使って、相手に自分が嘘をついているかも…?と思わせることができるのも特徴です。

ただ嘘をつくだけなら誰にでもできそうですが、自分を優位に立たせるために言葉と表情、仕草それぞれを駆使して相手を混乱させるのには意外と高度なスキルが必要なのかもしれません。

ポーカーにおけるブラフの種類

ブラフの種類ブラフというスキルの意味や使い方について触れたところで、実際にポーカーで使われるブラフについても解説しましょう。

前述した通り、ポーカーでのブラフは自分の手札を弱いと思わせないためのスキルです。
主に以下の7種類のブラフが使われます。

  • ピュアブラフ
  • セミブラフ
  • イメージブラフ
  • 対人ブラフ
  • シチュエーションベット
  • ポジションベット
  • 確認ベット
  • バリューベット(追加で解説します!)

それぞれどういったスキルなのか解説していきます!

ピュアブラフ

ほとんど負けに近い状態でベットをし、相手をフォールドさせてゲームに勝利することを意図しているブラフをピュアブラフといいます。

手持ちが勝てるハンドではないと判断できる「リバー」の状態で使われることが多いです。

リバーは場に5枚のカードが出ていて、これ以上ハンドが増えない状態なのでピュアブラフが張りやすいと言えるでしょう。

反対に、ハンドが強くなる可能性のある「フロップ」「ターン」ではあまり使われることはありません。

セミブラフ

現状そこまで強いハンドではないが、後に強くなる可能性があるときにするブラフのことをセミブラフといいます。

セミブラフをすることで現状は弱いハンドでも、ベストハンドを作ってのショーダウン、または相手が降りることが期待できます。

現状がハイカードでも、ターンやリバーなどのタイミングでベットをするとベストハンドになり得ます。

例えば、

  • ストレートドロー
  • フラッシュドロー
  • 2オーバー

この場合だとターンやリバーでベストハンドになりやすくなりますので、セミブラフが張れます。

イメージブラフ

イメージブラフとは名称の通り、イメージを利用したブラフのことです。

相手が自分に抱くテーブルイメージを利用してブラフをかけることで、弱いハンドでも強いハンドに見せれる場合があります。それによってスチールの可能性が上がります。

中級者以上が使うスキルではありますが、ブラフをかけそうもない初心者があえて使うことで相手の意表をつくこともできますよ。

対人ブラフ

カードの強さではなく、相手のタイプを知った上で弱点をつくためのブラフのことを対人ブラフといいます。ブラフというのは上級者に対しての方が有効な場合があります。

なぜかというと、上級者はベットやレイズなどのアクションの意味を考えてゲームを進めていきます。

相手が初心者だとこちらがブラフをかけるために作った流れを理解できないことが多いので、ブラフを張っても効果がないことも多いです。

対して上級者の場合は流れを理解できますから、ブラフが活きてくるのです。

シチュエーションベット

ブラフをすれば相手が降りるであろうシチュエーションでベットすることをシチュエーションベットといいます。

シチュエーションベットは全てのブラフの基本とも言われています。

初心者が覚えておくと良いのは、プリフロップで最初にレイズした人がフロップでベットする「コンテュニエーションベット」です。
コンテュニエーションベットを使う場面は多いので、覚えておくと良いでしょう。

ポジションベット

ボタンやカットオフなどのポジションを利用したブラフのことをポジションベットといいます。
ポジションが最後になればなるほど他プレイヤーから得られる情報が多くなり、ブラフもしやすくなります。

有利なポジションを利用するだけでなく、不利なポジションを逆手にとって相手を騙すブラフをかけることも可能です。

ポジションベットを会得すれば、より駆け引きを楽しみ勝つことができるでしょう。

確認ベット(インフォメーションベット)

ベットされた相手の反応を確認し、ハンドの強さがどれだけのものなのかを予測することを確認ベットといいます。

オンラインポーカーでは使えない中級者向きのスキルですが、会得するとオフラインでのポーカーをより楽しむことができます。

中級者になると、ベットしなくても良い場面であえてベットすることがあります。
それは相手の反応を見るためであり、ブラフをかけるための情報を得ることになるのです。

確認ベットを覚えてより深い駆け引きで他のプレイヤーと差をつけましょう!

バリューベット

上記のブラフやベット方法に加えて、知っておきたいのがバリューベットです。
バリューベットとは、相手をフォールドさせるのを目指すブラフとは違い、相手にコールさせて、自分の獲得できるチップを増やすのを目指すベットのこといいます。

自分が強いハンドを持っている時に自分より弱いハンドであるプレイヤーからより多くのチップを取りたい時にバリューベットして、利益を最大化します。

上級者であればあるほど、上手くベットして相手から多くのチップを払わせることができます。
自分があまり強いハンドでは無い時にブラフ、自分のハンドが強い時はバリューベットするようにしましょう!

ブラフの成功率を上げるためのポイント!

ブラフのポイントブラフは不利な状態でもゲームを優位に進めることが可能なスキルですが、使う上で理解しておくべき注意点というのも当然あります。

では、主にどんな点を意識すれば良いのでしょうか。
ブラフを張るときの注意点を簡単にまとめてみましょう。

  • 見破られないようにする
  • 相手の状況を理解する
  • 成功率を上げる意識をする
  • 意味のないブラフは控える

では、それぞれについて触れていきます!

見破られないようにする

見破られないようにブラフを張るのは基本中の基本と言えるでしょう。
ブラフというのは相手を騙すことでゲームを優位にするものなので、当たり前のことと言えばそうかもしれません。

相手に「本当に強いハンドなんだ」と思わせ心理戦が重要になってきますし、それこそがブラフを活用していて一番面白い瞬間かもしれません。

相手の状況を理解する

相手がブラフを張れる状態かどうかを理解することも大切です。
ブラフは相手が降りてくれないと何の意味もありません。

何でもかんでもブラフの対象と考えてしまうと却って不利になることもあります。
あくまで、ハンドが予測できてフォールドできる人に対してブラフを張ることを忘れないようにしましょう。

成功率を上げる意識をする

ブラフそのものの質を上げる意識も大切です。

成功率を上げるためには、ブラフを張るプレイヤーだと思わせない振る舞いをしたり、プリフロップからの一貫性のあるストーリー作りが効果的です。

その日のゲーム中に一度もブラフでショーダウンをしていないことも重要になるかもしれません。

相手を意識するのはもちろん、自身のプレイがどうブラフを活かすかどうかを考えてプレイするようにしましょう。

意味のないブラフは控える

初心者でよくあるのは、無駄にブラフをかけることです。計算と考えがあってのブラフは良いですが、意味のないブラフは控えましょう。

ブラフの目的はあくまでも相手をフォールドさせることです。
それができない場合は無理にブラフすることがないので、無駄撃ちや意味のないブラフは控えましょう。

また、ブラフすべきなのかどうなのか迷ったときにはチェックしておくことで情報収集することができます。

ブラフが張りやすいボードブラフしておきたい!ハンドを紹介

ブラフしやすいポーカーのハンドを紹介それでは最後に、ブラフが張りやすいボードをいくつか紹介しましょう。

主に以下の場合にブラフが張りやすくなります。

  • 3枚目のスーツが落ちた
    →フラッシュが完成したと思わせて降ろす
  • ボードにペアができた
    →スリーカードができたと思わせて降ろす
  • 連続したランクのカードが落ちた
    →ストレートができたと思わせて降ろす
  • プリフロップでレイズし、フロップでAが落ちた
    →Aがヒットしたと思わせて降ろす

初心者の方はぜひ参考にしてみましょう!

テキサスポーカーにおけるハンド(役)について詳しく知りたい方はこちら!

【画像解説】一目で分かるポーカー役一覧・役の強さ(ハンドランク)
ポーカーには麻雀と同じように『役』というものがあります。役は、ゲームの勝敗を決めるポイントで知っておきたい基礎知識です。 この記事ではポーカーの役一覧をまとめて紹介します。記事を参考にして、役を覚えて楽しくポーカーをプレイしましょう!

意外なところで役立つブラフ

ブラフを覚えるメリット主にポーカーでゲームを優位に立たせるために使われるブラフですが、日常生活の中にも活かせることもあるのです。

特にビジネスシーンなどではブラフを活用しないことがないのでは?というほど。

例えば、自身のモチベーションを上げるために、あえてブラフかけて逃げ場のない状態を作ることで実力以上のものを生み出せることがあります。

いわゆる「背水の陣」ですね。

ただし、悪意を持ってしまうとただの「嘘」になってしまうので、あくまで優位に立たせるためのものという根底は崩さないようにしましょう。

まとめ

今回はポーカーで活かせるスキル、ブラフについて触れていきましたがいかがでしたか?

ブラフを駆使することで、例え不利な状況でもそれを相手に気づかれず、自分が勝利できるようにゲームの結果を変えることが可能です。

また、専門的なスキルがそこまでない初心者の方でも使いやすいのがブラフの魅力でもあります。

これからポーカーを始めてみたい!という方もぜひ今回の内容を参考にブラフのスキルを身につけてみてください。

タイトルとURLをコピーしました