【画像解説】一目で分かるポーカー役一覧・役の強さ(ハンドランク)

ポーカーには麻雀と同じように『役』があります。

ポーカーにおいて役は、ゲームの勝敗を分ける大きなポイントでポーカーを始めるに当たって、知っておきたい基礎知識です。

この記事では、ポーカーの役一覧を紹介します

始める前やプレイしている中で参考にして、役を覚えて楽しくポーカーをプレイしましょう!

ポーカーの役一覧

ポーカーの役一覧ポーカーをあまり詳しくない方でも、ポーカーといえばストレートやフラッシュなどの役が大事になると知っている方は多いと思います。
フロップポーカー(テキサスホールデム)では、最大の特徴といえるコミュニティカード(共通カード)の5枚を利用して役を完成させます

プレーヤーは配られた2枚のカードとテーブル中央に表向きで並べられるコミュニティカード(共通カード)5枚のハンドで、より高い役を完成させて競います。

役を紹介する前に知っておきたいのは、カード毎の強さ(ランク)順です。


画像を見ると分かる通り、トランプはA〜Kまであり、ポーカーではAが一番強いカードで、2が一番弱いカードとされています(ジョーカーは使いません)

(一番強い)A・K・Q・J・10・9・8・7・6・5・4・3・2(一番弱い)

大富豪でいうところの2がAで、3が2です。

これは、後ほど説明する役において重要な基本知識なため、覚えておきましょう!

それでは、役の強さを表でまとめましたので見ていきましょう。

まず初めにテキサスホールデムについて詳しく知りたい方はこちら!

テキサスホールデムの基本ルールや流れを分かりやすく徹底解説!
テキサス発祥のポーカーゲームのひとつ「テキサスホールデム」は、日本で知られている通常のポーカーとはルールが異なります。今回はテキサスホールデムの特徴や流れ、アクションなどについて紹介。この記事を読んで、テキサスホールデムを始めましょう!

①ロイヤルストレートフラッシュ

ポーカーのロイヤルストレートフラッシュ全てのカードがクラブ・スペード・ダイヤ・ハートのいずれか同じスート(トランプの記号のこと)で統一されており、数字がA・K・Q・J・T(10)となっているのが『ロイヤルストレートフラッシュ』。

この役は一番強い役なため、確実にナッツになります。

一方で、コミュニティカードを見た時に非常に強いカードが出そろっているということになるため、他のプレイヤーが残っている可能性が低くなります。

スート:クラブ・スペード・ダイヤ・ハートのマークのこと

スーツ:スターティングハンドのスートがそろっていること

オフスーツ:スターティングハンドの2枚のマークがそろっていないこと

スターティングハンド:最初に各プレイヤーに配られる2枚のカード

ナッツ:自分のハンドが確実に他のプレイヤーよりも一番強い状態

コミュニティカード:全プレイヤーの共通カード

ボード:テーブルにオープンされた全てのコミュニティカードのこと

②ストレートフラッシュ

ストレートフラッシュ全てのカードがクラブ・スペード・ダイヤ・ハートのいずれか同じスートで統一されており、数字が順番に並んでいる役。

ただ、注意しておく点としてJ・Q・K・A・2・3・4・5・6・7・8・9・10とは続きません。
他のプレイヤーもストレートフラッシュだった場合

他のプレイヤーもストレートフラッシュだった場合、自分と相手のハンドの一番強い数字を見て、どちらの方が強いのか比べます。

この一番強い数字が同じであれば、引き分け(チョップ)となります。

どちらのハンドが強いでしょうか?
✔️ ボードにあるコミュニティカードが♠8〜5と♣Aだった時

相手のハンドは♠の8・7・6・5・4ストレートフラッシュが完成しています。

一方、自分のハンドを見ると♠の10(T)・9・8・7・6ストレートフラッシュが完成。
相手自分
♠の8・7・6・5・4ストレートフラッシュ♠の10・9・8・7・6ストレートフラッシュ

この場合、一番強いカードが相手は♠8で自分は♠10なため、自分のハンドのほうが勝っていると分かります。

③フォーカード(クワッズ/フォー・オブ・ア・カインド)

フォーカード数字の同じカードが4つそろった役です。
他のプレイヤーもフォーカードだった場合

フォーカードも強い数字の方が勝ちます。

コミュニティカードだけでフォーカードができた場合、キッカーの数字を比べて、キッカーの数字が強い方が勝ちます。
キッカーも同じ場合は引き分けになります。

キッカー役を作る5枚のカードのうち、どの役にも属さないカード。
しかし、同じ強さの役を持っていた場合に、その強さを決める役割を果たすカードです。


例えば…
ボード:A・Q・9・5・2
相手:A・10
自分:A・J

両プレイヤーとも同じAのワンペアができます。

同じ役の場合、持っているカード(自分:J・相手:10)とコミュニティカードにある残りのカード(今回は、Q・9・5・2)の中で、より数の大きいカードを持っているプレーヤーの勝ちです。

テキサスホールデムでは5枚のカードを使って役を作るため、Aワンペアの2枚以外の残り3枚がキッカーとなります。

上記より、
相手のキッカーは、ボードの「Q・9」と持っている「10」(Q>10>9)
自分のキッカーは、ボードの「Q・9」と持っている「J」(Q>J>9)

キッカーの1枚目は、Qで両プレイヤー同じです。一方、2枚目のキッカーを見るとJ>10なため、自分の勝ちです。

また、役とキッカー含めて全てのカードが同じ場合は引き分けとなります。
どちらのハンドが強いでしょうか?
✔️ ボードにあるのが♠8・♥8・♠4・♦A・♣Aだった時

相手は8のフォーカードが完成しています。
一方、自分のハンドを見るとAのフォーカードが完成。
相手自分
8のフォーカードAのフォーカード

この場合、8よりAの方が数字が強いため、自分のハンドの方が勝っていると分かります。

✔️ ボードにあるのが♣2・♠A・♥A・♦A・♣Aだった時

相手のハンドは♣6・♦6のワンペアが完成しています。
一方、自分のハンドを見ると♥2・♠10が完成。
相手自分
♣6・♦6♥2・♠10

この場合、コミュニティカードでAのフォーカードが完成しているため、キッカーを見ると自分が持っている♠10が一番強いと分かります。

そのため、このゲームは自分のハンドが勝ちです。

④フルハウス

ポーカーのフルハウス同じ数字のカードが3枚と、3枚とは別の同じ数字が2枚の役です。

他のプレイヤーもフルハウスだった場合、3枚の方で比較して数字が強い方が勝ちです。
他のプレイヤーもフルハウスだった場合

他のプレイヤーもフルハウスの場合は、スリーカードの数字が強い方が勝ちます。

その数字が同じであれば、ワンペアのカードが強い方が勝ちます。どちらも同じであれば、引き分けとなります。

どちらのハンドが強いでしょうか?
✔️ ボードにあるのが♠10・♦10・♥10・♣7・♦5だった時

コミュニティカードで10のスリーカードが完成しています。

相手は♣6・♦6のワンペアとスリーカードでフルハウスが完成。

また、自分のハンドを見ると♥2・2とスリーカードでフルハウス完成しています。
相手自分
♣6・♦6と♠10・♦10・♥10のフルハウス♥2・2と♠10・♦10・♥10のフルハウス

両プレイヤーともフルハウスが完成しているため、お互いのハンドを見ると相手の6のワンペアの方が強いと分かります。

従って、このゲームは相手のハンドが勝ちです。

⑤フラッシュ

ポーカーのフラッシュフラッシュとは、数字は関係なく、5枚のカードが一種類のスートで統一されている役。

上の画像であれば、♠J・♠9・♠8・♠6・♠3でスペードでそろっており、フラッシュとなります。

一番強いカードが♠Jですので、「Jハイフラッシュ」と呼びます。
他のプレイヤーもフラッシュだった場合

他のプレイヤーがフラッシュだった場合も、一番強いカードを比べて勝敗を決定します。

後述しますが、一番強いカードが同じであれば、次のカードの強さを比べます。

それも同じであれば、次に強いカードを順に見ていきます。

フラッシュでそろったカードの強さが他のプレイヤーと同じであれば引き分けになります。

どちらのハンドが強いでしょうか?
✔️ ボードにあるのが♣10・♣6・♣2・♣7・♠4だった時

相手のハンドは♣9と♦7で♣のフラッシュが完成しています。
一方、自分のハンドを見ると♠6と♣4で、こちらも♣のフラッシュが完成
相手自分
♣10・♣6・♣2・♣7・♣9のフラッシュ♣10・♣6・♣2・♣7・♣4のフラッシュ

両プレイヤーとも♣のフラッシュができているため、勝敗を決めるにはフラッシュの強さを見ていきます。

まず両プレイヤーとも一番強いカードが♣10ですので、次に強いカードを見る必要があります。

相手の次に強いカードはハンドにある♣9ですが、自分の場合は♣7です。そのため、このゲームは相手のハンドが勝ちです。

⑥ストレート

ポーカーのストレートストレートとは、フラッシュとは逆にスートは関係なく、数字の順番が階段になっている役です。

例えば、上の画像であれば「Q・J・10・9・8」と順番になっており、ストレートとなります。

この場合、ストレートの中で一番強い数字をとって「Qハイストレート」と呼びます。

一番強いストレートは「A・K・Q・J・10」のAハイストレート
逆に一番弱いストレートは「A・2・3・4・5」の5ハイストレート

Aハイストレート以外に、KとAが繋がることはありませんので、注意しましょう。
(ダメな例:「Q・K・A・2・3」/「K・A・2・3・4」)
他のプレイヤーもストレートだった場合

他のプレイヤーもストレートだった場合、より数字が強いストレートが勝ちます

例えば、6ハイストレート(2・3・4・5・6)と9ハイストレート(5・6・7・8・9)であれば、9ハイストレートの勝ちです。

また、両者とも9ハイストレートだった場合は引き分けとなります。

どちらのハンドが強いでしょうか?
✔️ ボードにあるのが♠4・♦5・♣6・♥7・♣2だった時

相手のハンドは♦8と♥4ですので、4・5・6・7・8のb8ハイストレートが完成しています。

一方、自分のハンドは♦3と♠Aですので、3・4・5・6・7の7ハイストレートが完成します。
相手自分
8ハイストレート7ハイストレート

両プレイヤーともストレートが完成していますが、8ハイストレートの方が数字が強いため、このゲームは相手のハンドが勝ちです。

⑦スリーカード(スリー・オブ・ア・カインド)


スリーカードとは3枚のカードがそろっている役です。

例えば、上の画像を見ると♠6・♦K・♣A・♥A・♠Aなので、Aのスリーカードとなります。
他のプレイヤーもスリーカードだった場合

他のプレイヤーもスリーカードだった場合、より数字が強いスリーカードが勝ちます

例えば、Aのスリーカードと10のスリーカードでは、Aのスリーカードが勝ちとなります。

また、スリーカードの数字が同じ場合はキッカーを見て勝敗を決めます。キッカーも同じ場合は引き分けとなります。

どちらのハンドが強いでしょうか?
✔️ ボードにあるのが7♥・6♣・7♦・7♣・2♦だった時

相手のハンドは5♣と10♦ですが、コミュニティカードで7のスリーカードが完成しています。

一方、自分のハンドは5♦と9♣ですが、こちらも7のスリーカードが完成
相手自分
7のスリーカード7のスリーカード

両プレイヤーとも7のスリーカードが完成しているため、相手のキッカーは10・6で自分のキッカーは6・9となり、このゲーム相手のハンドが勝ちです。

⑧ツーペア

ポーカーのツーペアツーペアとは、2枚ずつの同じ数字が2組できた時の役
他のプレイヤーもツーペアだった場合

他のプレイヤーもツーペアだった場合、高い数字のペアを比較して強い方が勝ち、それも同じなら低い数字のペアを比較して、強い方が勝ちになります。

どちらのハンドが強いでしょうか?
✔️ ボードにあるのがA♥・7♣・2♣・5♣・9♥だった時

相手のハンドはA♠と7♠なため、A・7のツーペアが完成します。

一方、自分のハンドは5♦と2♥なため、5・2のツーペアが完成
相手自分
A・7のツーペア5・2のツーペア

両プレイヤーともツーペアが完成しています。

しかし、お互いの数字が強いペアを見た時にAAの方が数字が強いため、このゲーム
相手のハンドが勝ちです。

⑨ワンペア

ポーカーのワンペアワンペアとは、同じ数字が2枚できた役

上の画像を見ると、3♥と3♦と3が2枚あるのが分かります。これが3のワンペアです。
他のプレイヤーもワンペアだった場合

他のプレイヤーもワンペアだった場合、数字が強い方が勝ちとなります。

例えば、9のワンペアと3のワンペアであれば、9のワンペアが勝ちます。

それが同じであれば、キッカーを相手と比べます。それでも決まらなければ、2枚目に強いカード、3枚目に強いカードを比べます。

役を含めて5枚が同じ強さであれば、引き分けとなります。

どちらのハンドが強いでしょうか?
✔️ ボードにあるのが8♦・10♥・4♠・3♦・5♥だった時

相手のハンドは8♣と2♦ですので、8のワンペアが完成します。

一方、自分のハンドは2♣と5♣ですので、5のワンペアが完成
相手自分
8のワンペア5のワンペア

両プレイヤーともワンペアが完成していますが、お互いの数字が強いペアを見た時に8の方が数字が強いため、このゲーム相手のハンドが勝ちです。

⑩ハイカード(ノーペア/ブタ)

ポーカーのハイカードハイカードとは、何も役がない状態のこと

一番大きなカードをもって「〇〇ハイ」と呼ばれます。
上の画像であれば、K♦が一番大きいため、「Kハイ」になります。
他のプレイヤーもハイカードだった場合

他のプレイヤーもハイカードだった場合、数字が強い方が勝ちとなります。

どちらのハンドが強いでしょうか?
✔️ ボードにあるのがA♠・2♦・5♦・6♣・10♦だった時

相手のハンドは8♣と9♣なため、Aハイ
一方、自分のハンドは3♦と7♠なため、こちらもAハイとなります。
相手自分
Aハイ(A・10・9・8・6)Aハイ(A・10・7・5・6)

両プレイヤーともハイカード(Aハイ)ですが、お互いの数字が強い順で見ていくと、Aと10は同じ強さ。

次に強いカードとなる相手のハンドにある9♣と自分のハンドにある7♠を比べると、相手のハンドの方が強いため、このゲーム相手のハンドが勝ちです。

それぞれの役ができる確率!

役については上記にて解説しました。
それでは、その役がどのくらいの確率で完成するかを見ていきましょう。


役が完成する確率を知っておくことで、定量的な角度からもプレイすることができるようになります。

役の名前出現確率何回に1回出るか
ロイヤルストレートフラッシュ約0.00015%約65万回に1回
ストレートフラッシュ約0.00139%約7万2000回に1回
フォーカード約0.024%約4000回に1回
フルハウス約0.144%約700回に1回
フラッシュ約0.197%約500回に1回
ストレート約0.39%約250回に1回
スリーカード約2.11%約47回に1回
ツーペア約4.75%約21回に1回
ワンペア約42.25%約2回に1回
ハイカード(ノーペア)約50%約2回に1回

表を見ると、フラッシュやフルハウスなどを完成させるのも難しいと考える方が多いと思います。

中でもロイヤルストレートフラッシュはまさに『奇跡の役』といえるほど、出る確率が低いです。

ただ、他のプレイヤーも同じ考えを持っているため、問題はありません!

表にあるものは、あくまで理論上の数字になりますので、実際ポーカーをやっていると意外と役が出やすいと感じる方もいると思います。

ブラフについて

ブラフとは直訳で「だます」「絶壁の」という意味があります。

ポーカーにおけるブラフとは、他のプレイヤーに自分は良いハンドであるかのようにベッティングアクションを行いことです。

ブラフの目的は、他のプレイヤーに自分のハンドは強いと信じ込ませることで、相手をフォールドさせることです。

ポーカーをプレイするにあたって知っておきたいことの一つなので、知っておきましょう!

»ブラフ種類や成功率を上げるポイントを知りたい方はこちらから

ポーカーにおけるブラフとは?スキルや効果的に使う方法を解説!
不利な状況を優位に変えることができるスキルのことをブラフといいます。自身のハンドが弱い時でも、ブラフを張ることで強いハンドであるように見せることが可能です。ブラフを張るのに覚えておきたい注意点もあるので、基本情報と合わせて今回は紹介していきます!

まとめ

いかがでしょうか?今回はポーカーの役について紹介しました。

記事のチェックポイントをまとめました!

  • ポーカーには役がいくつかあって、それぞれ強さがある
  • 同じ役でもカードのランクによって強さが変わってくる
  • 役が完成するのに確率があり、ロイヤルストレートフラッシュの場合は約65万分の1
役の強さ順
①ロイヤルストレートフラッシュ
②ストレートフラッシュ
③フォーカード
④フルハウス
⑤フラッシュ
⑥ストレート
⑦スリーカード
⑧ツーペア
⑨ワンペア
⑩ハイカード

役はポーカーにおいて一番初めに覚えるべき基礎知識の一つです!

初めは分からなかったり、プレイ中に分からなくなったりすることがあると思いますが、そのような時はこの記事を読んで振り返ってください。

役を覚えたらプレイをしていって、覚えていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました